困ったー[運動編]

運動や健康で困ったことを調べたブログ

2018 プロ野球優勝予想 パリーグ編

2018年シーズンが開幕。今年も岡本和真らの成長株や、上原・青木・松坂らベテラン勢の復活など、楽しみな話題が多いです。

ここではデータ分析などで優勝予想をしていきます。

2018 プロ野球優勝予想パリーグ編 4月時点

現在4/6時点での予想を書いていきます。

予想は、主に過去のデータを独自に分析した結果をもとに採点。

その順位で並べたものです。

 

当然戦力のそろってるソフトバンクが下になってしまっているので、そういう意味では自信はあまりありません。

 

1位オリックス

バッファローベル

オリックスでは、昨年吉田が3番にはまってから打撃陣の流れがよくなったように思えます。

さらに今年は1番に宗が入っています。

外人とベテランだよりだった重量打線に、さらに若手の押し上げや機動力の魅力がプラスになるため、昨年よりも戦力が上昇。

 

ピッチャー陣でいえば、ドラフト1位田嶋がいい感じですし、2年目山岡も150キロのストレートを投げるほどにパワーアップしています。

金子も手術後、やっと本領発揮できることでしょうし投手陣も厚みが増しています。

 

平野が抜けたぶんでも増井が機能することでしょう。

 

いいことづくめですが、出だしは低調。

これだけ戦力がそろって優勝できないとなると、監督やコーチ陣になにか大きな問題があるのかもしれません。

 

2位 楽天

20080426-IMG_5467

昨年の躍進から、今年も上位での戦いが期待されます。

則本、岸のダブルエースが機能しているだけに、藤平・安楽らの若手の押し上げに期待したいところです。

 

打撃陣では、怪我あけの茂木選手がやや元気がないように見えます。

一方、岩見選手やオコエ選手らの長打力のある選手が結果を出してくると、打撃陣に厚みがでるので期待しています。

 

3位 西武

20070603308

西武の打撃陣は12球団1位といっても過言ではないでしょう。

中村やメヒアらが下位にまわって第二のクリーンアップとなっています。

山川が極端にスランプになったりしなければ、打撃力はうまくまわることでしょう。

 

一方、投手陣で菊池以降の整備がどうなるかが課題。

ウルフや多和田、十亀らの奮起に期待。できればもう1枚ぐらい軸になるような先発が出てくるとおもしろそうです。

 

4位 ソフトバンク

Fukuoka Softbank Hawks

ソフトバンクは戦力がそろっているので、基本的には優勝争いからはずれることはないでしょう。

 

とはいえ、戦力がそろいすぎていて若手が伸び悩んでいるところが気になります。

特に野手陣ですね。

 

また出だし早々でキャッチャー陣が非常に手薄なのもきになるところです。

 

 

チームバランスが崩れ、若手の押し上げがうまくいかないと、思うような成績がでないことがあるかもしれません。

 

5位 日本ハム

あー!

日本ハムは一気に戦力が抜けたので、なかなかすぐ上位にというのは厳しそうです。

 

それでも打撃陣は、盗塁王西川、4割打者近藤、打点王中田、ホームラン王レアードとバランスがいいです。

つなぎの松本、復活の大田泰示、フルスイングの横尾らもレギュラー争いをしており、結果としてレベルは高いです。

 

一方投手陣は、外国人頼りです。高梨、有原、加藤、村田、上原らでどこまでとれるかが注目されます。

 

6位 ロッテ

CHIBA LOTTE Marines #13 Yuhei Nakaushiro

ロッテは、監督が代わってチーム雰囲気が非常によくなってます。

頑張り次第では、上位チームをくってリーグを面白くしてくれるものと思います。

 

ただし個人的には今年チーム順位がいまいちだったとしても、4番の井上やショート平沢らが1年フルに活躍してやれる手ごたえが確立できればいいのかなとも思います。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。