困ったー[運動編]

運動や健康で困ったことを調べたブログ

2018 プロ野球優勝予想 セリーグ編

2018年シーズンが開幕。今年も岡本和真らの成長株や、上原・青木・松坂らベテラン勢の復活など、楽しみな話題が多いです。ここではデータ分析などでセリーグの優勝予想をしていきます。

2018 プロ野球優勝予想セリーグ編 4月時点

現在4/6時点での予想を書いていきます。

予想は、主に過去のデータを独自に分析した結果をもとに採点し、その順位で並べたものです。

 

1位 巨人

Yomiuri Giants Baseball - Tokyo Dome

戦力でいえばもちろん豊富です。

しかし今年は、上原や沢村らセットアッパーが充実してきたこと、岡本や吉川ら若手野手の押し上げがあることなどで、去年のようはふがいない戦いは見なくて済みそうです。

 

2位 広島

2012/8/21 Hiroshima Toyo Carp vs. Yokohama DeNA BayStars (@Mazda Stadium)

タナ菊丸ら主力選手の充実ぶりで、今年も優勝争いはするであろう広島。

 

しかし、鈴木誠也の離脱がちょっと気になるところではあります。

 

3位 阪神

Hanshin Cat

阪神では新四番のロサリオがちゃんとやれそうですし、大山の成長にも目を見張るものがあります。

 

一方で藤波の乱調や高山の伸び悩みなども気になるところです。

 

4位 中日

Arakibata

なぜか?中日が4位です。

 

といっても今年は松坂効果で多くの人から注目されていることが一番の発奮材料になりそうです。

 

選手でいえば、小笠原がエースへの道を歩み、剛速球セットアッパーの鈴木博志が活躍してくると、案外形がでてきてくるのかなという気もしないでもないです。

 

5位 DeNA

IMGP0138

12球団でも屈指の左ピッチャー投手陣が整備され非常に期待できるのがDeNA.

 

しかし今永、浜口と出遅れてしまうため、序盤どのぐらいしのげるかといった感じ。

 

出遅れを取り戻すだけの圧倒的戦力とまではまだいかないでしょうから、早くも正念場んという気もします。

 

6位 ヤクルト

Swallows

宮本ヘッドを迎え、山田も好調で期待できるヤクルト。

しかし先発陣がどの程度整備されるかがまったくもって未知数。

 

となるとデータ的には上位に行くのは厳しいです。

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。