困ったー[運動編]

運動や健康で困ったことを調べたブログ

旅先でジムに行く場合の所持品チェックリスト

うちでは旅行や出張中にジムにけるようジム用キットを作っています。

スーツケースの中にいつもいれておき、時間があったらすぐジムへ行けますし、温泉にいくときにも便利です。

ここではおすすめの所持品をまとめていきます。

 

旅先でジムに行く場合の所持品チェックリスト

うちではスーツケースの中にジムへ行くようのパックをまとめておいています。時間があれば、すぐそのパックを背負ってジムへ行けます。

ジョイフィット24やエニタイム、ゴールドジムなら複数店舗で利用可能です。 

garmin.hatenablog.jp

 

 

また温泉に行くときにも便利です。

ではうちのパックを紹介します。

 

ナップサック

https://www.instagram.com/p/BYpgY7NF1Gl/

#adidas #napsack #bag #fitness #sports

まず所持品を入れておく袋が必要ですが、おすすめなのがナップサックです。

バッグ自体の重さがほとんどないうえ、くるくると巻いて収納もできます。

もちろんしょっていけるので、非常に持ち運びしやすいです。

 

うちでは旅行時は、普通に移動時につかうリュックサックとこのナップサックとを使い分けています。

 

といってもナップサックなら重くないですから非常に便利です。

温泉やジムへ行く場合にはナップサック、打ち合わせや展示会などビジネスではリュックサックを利用しています。


[アディダス] ジムサック EPS ジムバッグ ミステリーグリーン S17/�
*記事執筆時のAmazon価格:¥ 1,360*
最新価格は以下のおすすめストアで確認ください。
Amazon
楽天
Yahoo!ストア

 

ウェア上下

ウェアは折りたためば小さくなるのでそんなに問題ないでしょう。

うちは上は長袖、下は短パンぐらいを入れています。

 

シューズ

シューズは最大の難敵です。というのも非常にかさばるからです。

スニーカーを履いていき、外のジョギングもそれですます....という場合には問題ありません。しかしジムなどでなか履きが必要になるときもあります。

 

そこで便利なのが折りたためるシューズです。うちではテスラの靴を愛用しています。

レビューはこちら。 

garmin.hatenablog.jp

 

タオル

タオルは、手ぬぐいとバスタオルと2種類持っていく。または、1つだけちょっと大きめのを持っていく...とよいでしょう。

 

ボディソープ、シャンプー

うちでは旅先でジムに行く場合、ジョイフィットを利用しています。

ジョイフィット24の場合、シャワーはあるのですが、ソープやシャンプーは持参が必要です。

旅行用の小さいソープ、シャンプーがあると、汗をかいた後でもすっきりできます。 

またタオルやスポンジもあると便利です。 

 

普段からホテル宿泊時に小袋のシャンプーや歯ブラシなどがあれば、ジムへ行くとき用にキープしておくのもよいでしょう。


パックスナチュロン ミニセット 3種類 各30mL
*記事執筆時のAmazon価格:¥ 249*
最新価格は以下のおすすめストアで確認ください。
Amazon
楽天
Yahoo!ストア

 

 

 

オプション

海パン、ゴーグル、帽子

ジムにたまたまプールがあるような場合、泳ぎセットを持っていくとプールに対応しやすいです。

 

必要なのは

  • 海パン
  • 水泳帽子
  • 水泳ゴーグル

です。

施設によっては、必ず帽子着用の場合もあります。帽子は忘れないようにしましょう。

 

うちでは、以下のようなセットを購入してみました。

ポーチみたいなのもついてきてひとまとめにできるので便利です。

 


monoii 競泳用 水着 メンズ フィットネス パンツ スイムウェア 6点セ�
*記事執筆時のAmazon価格:¥ 2,000*
最新価格は以下のおすすめストアで確認ください。
Amazon
楽天
Yahoo!ストア

 

ウェイト用グローブ

ウェイトをされている場合の手袋です。

ベルトを着用される方もいらっしゃると思いますが、ジムによってはベルトをおいております。

うちのいってるジョイフィットですと、大体ベルトはおいてあります。

 

ゴルフ手袋

こちらもゴルフの打ちっぱなしをよくされる方のためのオプションです。

さすがにクラブまでもっていくのは大変ですが、手袋があれば打ちっぱなしに行ってちょっと汗を流す...といった利用が可能になります。

 

折りたたみ傘

最近の雨はすごいですから、天気の模様によっては折り畳み傘をもっていくとよいでしょう。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。