困ったー[運動編]

運動や健康で困ったことを調べたブログ

フィリップス・アクアタッチのレビュー 評判は?

6000円台で買えるお風呂で使えるシェーバー、フィリップス・アクアタッチを購入してみました。そのレビューをまとめてみます。

 

フィリップス・アクアタッチを選んだわけ

基本的にカミソリ派でした。

 

今回シェーバーを買いたかったのは、お出かけなどで「すぐ剃りたいときにはシェーバーがあったほうがいい」という理由です。

なので、それほど高価格機種のいいの、というイメージはありません。

 

1万円以内でいいの、というイメージで探してみました。 

 

で、候補になったのはフィリップスのアクアタッチです。

 

フィリップスは「肌への負担が少ない」ということなので調べてみました。

アマゾンでレビューを見てみると、「ブラウンなどいろいろ使ったうえでここに落ち着いた」というような人もいましたし、フィリップスを評価する人も結構いました。

 

またせっかくなので、お風呂で使えるやつにしようかなと思って選定を進めていきます。

 

 

で最終的に決定したのは「アクアタッチAT926」というやつです。

アクアタッチは、1万円弱ぐらいのシリーズで低~中価格帯のシェーバーです。

お風呂でも使えます。

 

アマゾンのレビューによれば、「AT926は同シリーズでも3列の刃に対応していて、剃る力はこちらのほうがよい、」ということでした。

 

せっかく買うならということで、シリーズのなかでもこちらにしてみました。

 

アマゾンで「ぽちっとな」してみました。

 

購入時で6298円です。

 

届いたのはこんな感じ。

www.instagram.com

 

商品スペックは?

基本スペックは以下です。

  • サイズ:幅59×奥74×高156mm
  • 重さ:182g
  • 充電時間:1時間
  • 電源電圧:AC100V-240V 50/60Hz(海外でも使用可能)
  • 消費電力:2W
  • 充電池:単3リチウムイオン電池(1本)
  • 水洗い:本体丸洗い可(IPX7基準をクリア)
  • 付属品:充電アダプタ、クリーニングブラシ、保護キャップ、取扱説明書

 

 

フィリップス・アクアタッチの評価は?

メリットは?

お風呂で使ってます。

 

ジェルは通常の髭剃りジェルでOKでした。うちではシックのを使ってます。

シックのは、口に入るとまずいのでおすすめしませんが(w)。

 

電気シェーバーとしては、非常に肌当たり?が柔らかいです。

 

慣れてくると、無理に押し付けるよりも独特の3ヘッドをどうゆう角度で当てると効率よく剃れるか、という感じで使っています。

 

利用後もヒリヒリ感などはありません。

 

湯上り後にこのシェーバーを使ったことがありますが、どちらかというとお風呂のときに使う方が、剃った後のヒリヒリ感がなくていいように思います。

 

使い終わったら、水洗いするだけ。あとは乾くまでタオルの上にほっぽってます。

 

刃の取り換えは2年後なので、メンテナンスが楽なのはありがたいです。

 

回転するたびに内刃が外刃に当たって磨かるという自動研磨機能があるため、買い替えまでは基本的に大きなメンテは必要ありません。

 

また、特に消毒液につける必要もなし。消毒液自体を購入するといった手間ももちろんありません。

 

デメリットは?

独自の髭剃りヘッドなので、慣れるにはちょっと時間がかかるかもしれません。

 

最初は、指で触って髭の感触をチェックし、剃ってみてまた剃り具合をチェック、というようにやっていったほうがよいでしょう。

 

いまのところ、それぐらいです。

 

まとめ

価格とこの性能で非常に満足です。

お風呂で使えること、そしてメンテナンスが楽というのが一番いいですね。

 

数万円の高級シェーバーのそり心地は試したことがないので比較できませんが、1万円以下の予算では十分お勧めできるシェーバーです。

 

(更新)AT928とAT926の違いは?

現在AT926は1万円ちょいぐらいになっています。

一方、AT926の後継機AT928が8980円となっています。

購入されるならAT928のほうがいいかもしれません。

AT928もお風呂シェーブ可能、3枚刃、自動研磨対応です。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。