困ったー[スポーツ編]

運動や健康で困ったことを調べたブログ

フィットビットのアプリの使い方は?

スポンサーリンク

フィットビット(FLEXの場合)では、スマホと連携するのが一番便利に使えます。

アプリからアラームや睡眠記録・運動記録の開始や停止を実行できます。

またバッテリ残量があとどのぐらいも大雑把ながら把握することできます。

http://www.flickr.com/photos/7714612@N04/14631807285

photo by Wanna Be Creative

アプリを使うには

アンドロイド版は以下よりダウンロードできます。

Fitbit - Google Play の Android アプリ

 

アプリを起動します。

f:id:apicode:20151106151559p:plain

 

メールアドレスとパスワードを入れてログインしましょう。

f:id:apicode:20151106151602p:plain

 

メニュー

デバイスはブルートゥースで連携して認識されます。

デバイスごとに歩数や距離などの情報が、自動的にシンクするようになっています。

f:id:apicode:20151106151630p:plain

 

デバイス(この場合はFlex)を選ぶと、デバイスのバッテリー残量などがわかります。

f:id:apicode:20151106151632p:plain

 

 

 

運動のトラッキングは?

運動時には記録開始を指定しましょう。

まずメニューから「運動を記録する」をタップします。

f:id:apicode:20151106151630p:plain

 

右上の時計アイコンをタップ。

f:id:apicode:20151107182447p:plain

 

運動の種類を「ランニング」「ウォーキング」などから選びます。

三角形の再生アイコンをタップすると記録が開始されます。

f:id:apicode:20151107182449p:plain

 

 

睡眠のトラッキングは?

http://www.flickr.com/photos/82955071@N00/4819587553

photo by rickytanghkg

 

睡眠の記録開始は、アプリからも行うことができます。

アプリを起動後、睡眠をタップ。

「+」アイコンをタップすることで記録が開始されます。

f:id:apicode:20151106151633p:plain

 

また本体のディスプレイ猟奇をタップし続けることでも記録開始ができます。

記録が開始されると、外側2個のライトが点灯します。

 

起床時に停止するには、本体をタップし続けます。

すべてのライトが点滅すると合図です。

 

 

アラームの設定

フィットビットには目覚まし機能もついています。

メニューで「アラーム」を選びます。

f:id:apicode:20151107181950p:plain

 

右上の「+」アイコンをタップします。

f:id:apicode:20151107182241p:plain

 

オンにするをタップしてアクティブにしましょう。

時間をタップすると、時間を選択できる画面となります。

f:id:apicode:20151107182243p:plain

 

追加が終わったら「本体を同期してアラームを保存してください」ボタンをタップして、本体にアラーム時間を送信します。

これでアラーム(振動ですが)が利用できるようになります。

f:id:apicode:20151107182245p:plain

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。