困ったー[スポーツ編]

運動や健康で困ったことを調べたブログ

MiBand機能比較

スポンサーリンク

シャオミのフィットネスバンドMiBand。低価格が魅力のトラッキング端末です。その評判は?

MiBandシリーズとは?

Say, Superglue

中国のシャオミの手掛ける低価格のフィットネスバンドシリーズです。

 

価格の安さがこのシリーズの最大の特徴です。しかし低価格だけがこのバンドのウリではありません。実はバッテリーの持続時間がかなり長めとなっています。

 

多くのフィットネスバンドの不満の一つが、いちいち充電しないといけない頻度にあります。

し かしMiBandでは、使われているDIALOG Smartbond 14580、ANALOG ADXL362 Accelerometer などの1つ1つの部品が非常に省電力なのものになっています。結果として、トータルでの節電効果で持続時間が長くなっているのです。

 

参考:11 FAQ About Mi Band Battery - Mi Community

Secret To 30 Days Battery Life of Xiaomi Mi Band | Andro Trends

 

モデル数がまだ少ないのでお勧めは簡単。

最新版を使うなら2を、そうでなければ初代モデルを安く、といった感じでよいでしょう。

ミーバンド1は歩数機能などが使える低価格モデルです。1Sの場合、心拍数測定にも対応しています。

 

Mi Band 2

○歩数 ○睡眠 ○心拍数 ○通知

Mi Band 1S

○歩数 ○睡眠 ○心拍数 ○通知

Mi Band

○歩数 ○睡眠

 

(更新)

シャオミからスマートウォッチがリリースかという憶測が流れています。果たしてMi Watchになるのでしょうか。わかり次第また更新したいとおもいます。

 

Mi Band 2

2016年6月にリリースの新作は、心拍測定がついて1万円以下という低価格を実現しています。まさにシャオミらしいフィットネスバンドといえるでしょう。

  • ディスプレイ:0.42インチ
  • 防水:IP67相当
  • バッテリー持続:最大20日

ただし人によっては心拍測定がうまく取れない!という人もいるようなので注意が必要です。

 

MiBand

シャオミの初代のトラッキングバンドです。アマゾンでは2000円台で購入可能。

  • 本体サイズ:14x9x36mm
  • 重量:5g
  • バンド:225mm
  • 防水:IP67相当
  • バッテリ容量:41mAh。
  • 充電時間:2、3時間

  • バッテリー持続:30日

軽量でバッテリーの充電をあまり気にしなくて済むのがメリット。価格も安いですし、フィットネスバンドを初めて利用してみたいという場合のエントリーモデルとしては悪くないと思います。

 

MiBand 1S

初代の心拍数即手機能にも対応したモデルです。

ディスプレイ等はありません(LED表示のみ)が、その分価格はかなりリーズナブルです。

 

 

実際に使ってみたレビューはこちらです。 

garmin.hatenablog.jp

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。